生活

寝る子は育つ?

寝ている時に成長ホルモンが最も分泌されるのが、睡眠をしっかりとることが身長を伸ばす方法です。
よくいわれている「寝る子は育つ」という言葉は正しいと思ってください。
既に科学的にも証明されており、睡眠不足は身長の伸びの妨げになります。

背を伸ばすには骨を伸ばさないといけません。
その骨を伸ばす役割を担っているのが成長ホルモンです。
成長ホルモンは骨端軟骨の細胞を増やし、骨の成長を促進させる働きがあります。
睡眠時間が足りないと成長ホルモンの分泌が少ないため、骨を伸ばすことができません。
また成長ホルモンは立っているよりも横になっている時の方がたくさん分泌されるといわれています。

子供の身長を伸ばしたいのであれば、なるべく早めに寝かせるようにしてください。
テレビゲームやインターネットが普及したことによって、最近の子供たちは夜遅くまで起きていることが多いですが、それでは身長を伸ばすことができません。
小学生以下の場合は10時間、中学生や高校生の場合だと8時間程度を目安にしてください。
そして、一番成長ホルモンが分泌される時間は夜10時~深夜2時の間だといわれているので、なるべくこの時間帯には寝ておきたいところです。

 

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁